スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男道?  

“男は気で食え”
                                        <日本のことわざ>
 男は精神力で生きよ!ってこと。
男一匹で生きていくには、気性をこそ尊ばなければならない、ということのたとえ。

 心を込めて一生懸命に努力すれば、不可能ということはない。
気力こそ、生きていくうえでのエネルギーである。


はい、今日はテスト初日でした・・・
続きを読む
スポンサーサイト

皆既日食・・・ 想像力? 創造力?? 

“想像力は、知識よりも大切である。”
                                 ━アインシュタイン(物理学者)




昨日のマルサンコメントに関連しまして・・・
(今の日本社会は知識至上主義・・・について)

・知能が高いのに、それにふさわしい成果があげられない人。
・知能は普通なのに、どんどん成功している人。
知能:知的活動の総称。認知・記憶・思考・判断・推理などなど
 
 知能を実践の場でどう生かすかによって差が出てくる。
それは、想像力(イメージ力)の違いと言い直してもいいと思う。

想像力創造力、創造性と言い換えるともっと当てはまるかもしれない。
創造性には、「柔軟性」「独創力」「流暢性」の3つから成っているといわれる。

「柔軟性」とは、ひとつの問題を色々な角度から考える力
「独創力」とは、過去の経験や知識をもとにして、全く新しい考え方や方法を発見していく能力
「流暢性」とは、よいアイデアが次々と沸いてくる能力

これら3つの能力を実践の場で生かせる人が、創造性が豊かな人だと思う。

 知識をいくら積み重ねても、実践できなければ知識がないものと同じ。
頭でっかち、にはなりたくないですね( ´艸`)

↓↓クリックして応援してください(・∀・)/↓↓

FC2 Blog Ranking

 

コメントもお待ちしてま?す(^ω^)

性格 慣習 ペルソナ カラクテル 

“性格とは一つの「慣習」である。
それは熟慮することもなく、魂からスムーズに流れ出る一定の行為である。”
                                       ━イヴン・スインナー
 英語の訳を日本語ですると、
personality (パーソナリティ):人格
character (キャラクター):性格 となる。

 パーソナリティの語源は、ラテン語のpersona(ペルソナ)である。
ペルソナは古代ギリシアの演劇などで被った仮面のこと。
それが劇中の役割を指すようになった。

 キャラクターの語源は、ギリシア語Kharaktein(カラクテル)で、
「彫る」という動詞からきている。意味は「彫られた刻印」。

 ペルソナは、遺伝的に親から受け継いだ特性であり、
カラクテルは、育つ環境のなかで後天的な意味がある。
 
 人は同じ状況に陥ると、いつも大体同じような行動をする。(慣習)
意識しようがしまいが、ついそうなってしまう傾向があるから、自分自身の
性格を正しく知るのはなかなか難しい。


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。